映画 HOTNEWS

話題騒然!最強寒波を吹っ飛ばす、爆裂無敵の最強映画!
いよいよ公開、潜入開始!劇場へバッチ来ーーい!!
超豪華キャスト集結、公開記念の兄弟盃の儀!今日からあなたも義兄弟だぜ!

2014年2月15日

「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」初日舞台挨拶

<左から、堤真一さん、大杉漣さん、岡村隆史さん、三池崇史監督>

生田斗真さんが『金髪・童貞』の潜入捜査官を演じ、公開前からすでに話題沸騰の「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」が2月15日、ついに公開初日を迎えました。東京・六本木のTOHOシネマズ 六本木ヒルズでは、生田さんほか、共演の堤真一さん、仲里依紗さん、岡村隆史さん、上地雄輔さん、吹越満さん、皆川猿時さん、大杉漣さん、岩城滉一さん、三池崇史監督による舞台挨拶が行われました。

先週に続く大雪の中、会場には多くのお客様が来場! 生田さんも電車に乗ってきたというエピソードを披露して、観客の皆さんの苦労をねぎらうと共に、感謝の気持ちを伝えました。最後には、観客の皆さんと“兄弟の盃”を酌み交わし、一体となって盛り上がった舞台挨拶の模様をレポートいたします。

【舞台挨拶(挨拶順)】

生田斗真さん(菊川玲二役)
大雪の中、ようこそたどり着いてくださいました。嬉しいです。僕も車が動かず、電車に乗って参りました(会場笑)。家を出た瞬間に水たまりにべしゃっとなって、足がずぶ濡れになり、まだちょっと冷たいです(笑)。皆さんの苦労を分かっているつもりです。この映画は、この雪も溶かすようなホットで熱い映画になっていると思いますので、皆さんの心に少しでも残ってくれたらと思います。

堤真一さん(日浦匡也役)

本日は、ここに来たくても来られなかった方もたくさんいると思いますが、足元悪すぎる中、そしてオリンピックのせいで寝不足の方、ありがとうございます(会場笑)。僕は完全に寝不足です。ここで寝ないように頑張ります(笑)。

仲里依紗さん(若木純奈役)

記録的な大雪の中、お越しいただきありがとうございます。私も今朝起きて、家を出る時に玄関が開かなかったです(笑)。何度も観に来てください。

岡村隆史さん(猫沢一誠役)

雪のくだりは省かせてもらいます(笑)。役柄が発表されるだけでクスクスと笑いが起きるというありがたい感じですが、おそらくこの役柄に関しては、僕の他にも猫ひろしさんとかに声がかかっていた中、なんとかオーディションで勝ち取ったのではないかなと思います(会場笑)。一生懸命演じました。二回、三回と劇場に足を運んでください(会場笑)。

上地雄輔さん(黒河剣太役)

僕も雪の中、昨日ご飯を食べてそのまま帰っていません(会場笑)。スーパーに数時間いました。足がキンキンで、スーパーの便所で靴下を絞りながら…。

MC:本当の話ですか?

上地さん:
本当です。タクシーが来なくて帰れなくて…(観客の皆さんに)どうやって来たの?

吹越満さん(酒見路夫役)

劇中では数少ないキスシーンがあるんですが…ふっふっふ、ざまあみろ(会場笑)。そう思いますと、私と仲里依紗さんが間接キスをしたとも言える訳で、ちょっとざまあみろ(会場笑)。

皆川猿時さん(福澄独歩役)

僕も少しセクシーな部分を担当します。いい具合に左の乳首が立っていたと思います(会場笑)。ツイッターやFacebook等でも宣伝よろしくお願いします!

大杉漣さん(阿湖正義役)

僕はやくざ映画にたくさん出演していますが、僕の中で大好きなやくざ映画がまた一本できたなと思っています。

岩城滉一さん(轟周宝役)

僕は2日間しか撮影を行っていません(笑)。あまりセリフもなく、しかも皆さんに喋られて、特に岡村さんが全部言っちゃったから…。

岡村さん:
いや、そんなに言っていないです(会場笑)。

岩城さん:
あ、そんなに言っていない(笑)? (岡村さんは)昨日飲みすぎて顔がむくんでいて今日はちょっと調子が悪いの?

岡村さん:
ちょっとしか飲んでいません。岩城さん、自分のお話を…(笑)。

岩城さん:
今日はありがとうございました。皆さん、帰ったらお話ししてもらって、たくさんの方に観ていただきたいと思います。

三池崇史監督

雪の中、ご来場いただきありがとうございます。どれぐらいの人がたどり着けるだろうかと思っていたんですけれど、もはや感動的です。


MC:生田さん、電車で来られたんですか?

生田さん:
日比谷線に乗ってきました(会場驚)。きっと誰か会っていると思います。ここに来るであろう若い女の人とか、すれ違いました(笑)。

MC:バレなかったんですか?

生田さん:
皆さん、スマホを見ていたので大丈夫でした。

MC:電車は何年ぶりですか?

生田さん:
結構乗っていますが、乗り換えは久しぶりでした(笑)。皆さん、どうやって来たんだろう? 京都から来ている人もいるって聞きましたよ。

MC:上地さんも大変でしたね。

上地さん:
マジでどうやって来たの(笑)? 歴史的な雪でしたね(会場笑)。スーパーの中でも三回ぐらい滑って「大丈夫ですか?」って言われました(笑)。

岡村さん:
酔っぱらってるの(会場笑)?

MC:そんな中、昨晩はソチ五輪で羽生選手がみごと金メダルを獲得しましたね!

生田さん:
堤先輩は「眠い、眠い」と(笑)。

堤さん:
見ていました! プレッシャーの中でよく戦えるなと思いました。ただ反省したのは、パトリック・チャンさんが転んだ時に喜んだ自分がいて、人の失敗を喜ぶのは良くないので、それは反省しながら見ていました。

岡村さん:
僕は職業柄「すべる」というのは控えているので、一旦、目をそっと閉じて音声のみで…(会場笑)。さほど効果は表れておりませんが…。

生田さん:
勇気をもらいますよね、日本の選手たちが頑張ってくださっているというのは。僕も劇中で三回転を決めていますので(会場笑)。

MC:生田さんは今回、初の三池組でしたがいかがでしたか?

生田さん:
豪華なメンバーの中で菊川玲二という役を演じられたことはありがたいことでした。怖い顔の方がいっぱいいますが、すごくアットホームな現場でした。岡村さんが岩城さんのことをエコヒイキするんですよ(笑)。

岡村さん:
そんなことないですよ(笑)。

生田さん:
舞台挨拶で順番に喋っていくと、最後の方は喋ることがなくなるじゃないですか。それを「どうしようかな…」と岩城さんが本番前におっしゃっていたら、岡村さんが「じゃ、岩城さん一番にしましょう」って(笑)。

岡村さん:
いや、そんなことないんですよ。岩城さんが…。

岩城さん:
お前、ちゃんと言えよ(会場笑)。

岡村さん:
岩城さん、文句多いんですよ(会場笑)。

岩城さん:
いろいろ面倒臭いんだよ(笑)。

岡村さん:
皆さんがいろいろ喋るので「喋る時間が短くなるだろ」ということだったので、「じゃあ、一番にどうですか」と言ったら「なめてんのか」と言われてスッと引いたんですけど(会場笑)。

生田さん:
こういう感じで、アットホームな現場でした(笑)。

MC:はちゃめちゃなシーンが多いですが、一番印象的だったシーンはどこですか?

生田さん:
上地さんとか岡村さんもそうですが、特殊メイクに時間がかかっているので大変だったんじゃないかなというのもありますし、皆川さんの左乳首が一番だと思います(笑)。

皆川さん:
いい具合に勃っております(会場笑)。

堤さん:
あれはいらんな(会場笑)。気分悪くなる(笑)。

生田さん:
あれはイタリアでもバカウケでした。皆川さんの左乳首を見たイタリア人が「ウワーッ!!」って(笑)。

三池監督:
盛り上がっていました(笑)。

MC:洗車のシーンも印象的でしたよね。

生田さん:
想像してください。寒い時期に撮影を行いました。この時期だということを加味してもう一度劇場で観ていただきたいですね。若干、鳥肌が立っていると思います。

MC:あれをスタントマンなしでというのは、こだわりですか?

三池監督:
まあ、予算もいろいろ制約がありますので、できることは本人にやっていただくと(会場笑)。

MC:上地さんも常に上半身裸でしたよね。

上地さん:
スタッフさんが六人がかりでやっていたので、毎日、8時間ぐらいわきあいあいといろいろな話をしていました。この間、毎日6人の身の上話を聞いていたから、楽しかったです。

MC:岡村さんも特殊メイクは大変でしたよね?

岡村さん:
僕は小豆洗いで定評を得ていますので、特殊メイクの時は必ず呼んでもらえるものだと思っています。一回、全身タトゥーの時があって、それは三人がかりで12、13時間かかりました。夜現場に入って、撮影が始まったのはお昼過ぎでしたね。それ一回だけなんですが、水を吹きかけたりしながらだったので、「寝られるのかな?」と思ったら意外と寝られなくて、イスに座った状態でずっとやってもらいました。僕は黙っていましたけど(笑)。

MC:生田さんとのアクションシーンはどうでしたか?

岡村さん:
生田さんはアクション絡みの別の映画をやっていらしたのでキレキレで入ってきて、すぐに格闘のシーンだったんですが、何発か「そんなに思いきり蹴らなくてもいいのにな」というのがありましたね(会場笑)。銅像でドーンとド突くシーンがあったんですけれど、銅像がうまく割れなくて何テイクもやったのでイライラしていたんでしょうね。「そんな重くやらなくてもええのに」と(会場笑)。

生田さん:
思いきり走ってきてライダーキックをするというシーンがあったんですが、当てないといけないカメラアングルだったんですよ。一応、僕も人の子なので痛くないようにしていたんですけど、「もうちょっと強く」という指示が出たので、いいかなと思ってバーンとやったら、岡村さんがドーンと吹っ飛んじゃって(会場笑)。

岡村さん:
「お芝居なんですよ」と言いながら思いきりやってくる奴なんだなと思いました(会場笑)。

MC:思いきりというと、仲さんのビンタも炸裂していましたね!

仲さん:
私のアクションシーンはあれだけなので、皆さんみたいにネタはないですけれど(笑)。

MC:あれはやっぱり思いきりだったんですか?

仲さん:
手加減すると何テイクもやらなきゃいけないので、一回で終わらせる方がダメージがないじゃないですか。と思って、一応、気を遣ったんですけどね。

生田さん:
「本気で演じてください」と言ったら、やっぱり女の子なので「大丈夫なのかな。できません」という感じだったので、「思いきり来ていいよ。大丈夫、大丈夫」なんて言っていたら、バチーンと(笑)。脳が揺れましたね(会場笑)。気持ち良かったです。さすが仲里依紗です。

MC:大変というと、盃のシーンもかなり時間がかかったそうですが…。

生田さん:
あれは朝の7時ぐらいから撮影開始して、終わったのは次の日の朝10時ぐらいですね。兄弟の盃を交わして、バクバク食べているのは次の日の朝8時ぐらいですね(笑)。

岩城さん:
僕は本当に2日間だけで、あの日も「年寄りだから先に帰れ」と言われて、一番早くに帰りました。でも、朝の6時ぐらいかな。

生田さん:
岩城さんが帰られるとなると、あそこにいるやくざ役の人たちがバッと立って、「お疲れ様です!」と(会場笑)。すごい絵でしたよ。

岩城さん:
映っていない方もいらっしゃいましたが、監督がすごく豪華に演出するので、境内のところなんかも200人ぐらいいるんですよ。紋付き袴が100人ぐらい、黒服が100人ぐらい。外まで! 僕は初日がそこのシーンだったんです。車から降りると、いかつい方がぞろぞろっと出てきて僕の周りを囲むんですよ。すごい迫力でしたね。本当にすごかった。一瞬ちょっと「違うところに来ちゃったかな?」と思いましたよ。まあ、監督がそういう地だから、しょうがないと言えばしょうがないんだけど(笑)。

三池監督:
岩城さんがスレスレですからね(会場笑)。

大杉さん :
渡辺哲さんをはじめ、親分役の方が何人かいるんですよ。皆さん、映画の中ではすごくこわもてなんですけれど、控室でたむろっていると、必ず話題が血圧とサプリメントなんですよ(会場笑)。「どんなやくざや!」と思いながら、血圧の話と、人間ドックは行っているかという話ばかりで、もう少し違う話はないかなと思いながら過ごしておりました(会場笑)。

MC:かなりギャップがありますね。

大杉さん :
面白いですよ(笑)。岩城さんもおっしゃいましたが、250人ぐらいいたんじゃないですかね。実際には映っていないんですけど、本物感はすごかったですね。

岩城さん:
周りの方が驚いてね。歩いている方とか、覗き込んでいました。

三池監督:
(映っていないというのは)俺が撮り損ねたんですよ(笑)。

岩城さん:
皆さんの気持ちが出ていましたよ。丸一日でしょ? 暗くなっちゃったら撮れないから、昼間のうちに撮影しなきゃいけない。たくさんの役者さんの中で目立っちゃいけないから皆さんすごい姿勢で立っているのよ。あの背筋の伸ばし方は、3分続かないぐらいの姿勢ですね。挨拶するあの姿勢も、あのままいろと言われたら結構きついんですよ。でも、あれだけの人数で迫力を出すために、皆さん真剣にやる。だから、ああいうシーンになったんだと思いますね。

三池監督:
たぶん岩城さんにビビっていたんだと思います(笑)。

MC:それとは対照的だったのが、吹越さん、遠藤さん、皆川さんの3人トリオですよね。楽しませてくれましたよね。

吹越さん:
そう思われますか(笑)。じゃあ、良かった。

皆川さん:
良かったです(笑)。

吹越さん:
今日は遠藤さんが都合がつかなくていらっしゃらないんですけど、遠藤さんがいないと僕らね…。

皆川さん:
何もできないんだよね(笑)。

吹越さん:
何もできない(会場笑)。すみません。

MC:歌のシーンも面白かったですよね。

吹越さん:
あのシーンはもともと、何時間か時間をとっていたんですよ。カット割りがあって、何カットかで撮る予定だったんですけれど、現場に入ったら監督が「うん、1カットで撮りますから」と言って、すごく夜飲む時間がとれたという(笑)。

皆川さん:
良かったですよね(会場笑)。

吹越さん:
二日かかったシーンもあったみたいですけど、僕らのシーンはサクッと終わりました。

三池監督:
我々の演出は邪魔だなと思って(笑)。楽しかったですね。みんなもあの歌詞を憶えて、2回目、3回目の時は恥ずかしいでしょうけれど一緒に歌ってください(会場笑)。

MC:そして、この映画、続きがちょっと気になる終わり方になっているんですが…。

三池監督:
高橋先生の原作がまだ続いているので。ただね、「パート2」をやるとなると大変なんですよ。堤さんと生田斗真が上海ででっかい虎と勝負しないといけない(笑)

堤さん:
ないです(会場笑)!

■最後に、生田さんからあいさつがあり、堤さんの三本締めで公開初日を祝いました!

生田さん:
悪天候の中、ありがとうございます。こうやって来てくださったことをすごく嬉しく思っています。帰りもびちょびちょだと思うんですけれど、気を付けて帰ってください。電車に乗って帰るよりも、ずっとここにいて、もう一回これを観るというのが一番オススメのコースです(会場笑)。2回、3回観ると違うところが面白いと思うので、またぜひよろしくお願いします。

「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」公式サイト