映画 HOTNEWS

第32回「藤本賞」授賞式

2013年6月6日

第32回「藤本賞」授賞式

生涯を映画に捧げ、277本もの作品を世に送り出した名プロデューサー、藤本真澄氏の功績を讃え、日本で唯一、プロデューサーを顕彰する藤本賞の第31回授賞式が、6月6日、東京・丸の内のパレスホテル東京にて行われました。

今年の授賞式では、古代ローマ人を日本人俳優が演じるという奇想天外なアイデアで大きな話題を集めた「テルマエ・ロマエ」の稲葉直人プロデューサーに藤本賞、ヤン・ヨンヒ監督自身の体験を基に、国家に翻弄される家族の絆を描いた「かぞくのくに」を支えた河村光庸プロデューサーと、シリーズ開始以来、常に高いクオリティを保ち続けてきた「名探偵コナン」シリーズの諏訪道彦プロデューサー、浅井認プロデューサー、石山桂一プロデューサーに特別賞、井上靖の自伝的小説の映画化に挑んだ「わが母の記」の原田眞人監督、石塚慶生プロデューサーと、新たな青春映画として日本アカデミー賞にも輝いた「桐島、部活やめるってよ」の佐藤貴博プロデューサーに奨励賞が贈られました。その授賞式の模様をレポートいたします。

【総評】


襟川クロさん(選考委員)

襟川クロ

三浦雄一郎さんが成し遂げたエベレスト登頂に近い作品の数々が揃いました。やる気、勇気、体力、そしてそれを支える人たちの力が合わさって、この作品群が選ばれているのではないかと思います。どの作品もとても難しいハードルを越えています。「地味だ」とか、「漫画ならいいけど、これを映画化するのか」とか、「同じレベルで作品を作り続けることは無理だろう」とか。でも、結果的に非常にバラエティに富んだ作品、プロデューサーが選ばれたことは、今年の記念になるなと思います。

プロデューサーはお金を集め、収益を挙げなければならない。どの作品も、それをクリアしている作品ばかりだと思います。審査はまったく揉めませんでした。
「テルマエロマエ」は、すごいことをやっています。チネチッタで撮影をし、濃い俳優さんたちを集めて、イタリア人に負けない濃厚なキャラクターを演じることができるんだと思わせてくれました。真面目に作っている姿勢も感じさせてくれました。

「かぞくのくに」は、腰がひけそうになるような、とてもデリケートな問題を描いています。でも、そこをプロデューサーが「よしやろう」と進めました。その結果、いろいろなものを感じる作品を残してくれました。

「名探偵コナン」は、私も大好きな作品です。ずっとヒットし、同じレベルを保ちつつ、しっかりと今を捉えている。それを支えるプロデューサーのしつこさは尋常ではありません(笑)。

「わが母の記」もそうです。今なぜ井上靖さんを? しかも、非常に骨太な作品を作り続けてきた原田監督がなぜ? そういう声があっても曲げない信念を感じます。それは、原田さんがお母様、親への愛というものをずっとキープしていらっしゃるから。だから、息子さんがあんなに立派に育ったんじゃないかと思います(笑)。

そして「桐島、部活やめるってよ」は、若者をターゲットにした目線が素直で好きでした。公開してみると、かつて若かったお父さん、お母さんが「あの頃、私もね」とか、若いサラリーマンたちが「そうなんだよ」とみんな納得して、口コミで支えてくれました。

藤本さんは東宝のキング・オブ・プロデューサーとしてたくさんの傑作、秀作、娯楽作品を残してくれました。その277本の中で、その奇跡の大きさを示すのは「社長」シリーズです。これはもう喜劇のお手本ですね。ということは、今年、「テルマエ・ロマエ」が藤本賞に輝いたというのは、藤本さんも喜んでいるのではないかと思います。ガッツとこだわり、勇気と体力、そして支えを忘れずに、これからも作品を作り続けていただきたいと思います。

【受賞のコメント】

稲葉直人プロデューサー

稲葉直人

藤本賞(「テルマエ・ロマエ」の製作に対して)

選んでいただいた選考委員の方々、そしてお力添えいただきました皆様、大変な賞をいただきまして、本当にありがとうございました。

受賞のご連絡をいただいたのが先々月だったと思うのですが、連絡をいただいてから上司に「過去、フジテレビの人間で藤本賞をいただいた人間は4人いる。鹿内、日枝、村上、亀山。この4人のうち3人が社長になっている。亀山さんは常務だから、少なくとも稲葉も常務にはなれるぞ」と冗談を言われましたが、先日、亀山が社長になることが決まりまして、少なくとも社長というハードルが掲げられてしまいました(会場笑)。決して、えらくなりたいというエピソードではありません。

忘れないうちに、感謝したい方々のお名前を挙げさせていただきます。まず、原作のヤマザキマリさん、ただの原作者ではなく、映画の輪の中に入っていただいて、一緒に映画を作った感じがします。こんな原作者はいないなと感じておりますので、本当に感謝しております。そして武内監督をはじめ、スタッフの皆様、阿部さんはじめキャストの皆様、震災の3日後にクランクインという状況だったのですが、皆さん、つらいところ頑張っていただいて、なんとか映画を完成させることができました。あと、フィルムメーカーズの菊地プロデューサー、僕は「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」という作品からお付き合いさせていただいているのですが、自分の映画製作における兄貴分というか、師匠のような存在でして、いろいろなことを教わってきました。 製作委員会、エンターブレインの方々、電通の方々、東宝宣伝部の皆様のお力添えがなければ、ここまで来ることはできませんでした。改めて、この場を持ってお礼を申し上げたいと思います。

自分がこのような賞をいただけるとは想像もしていませんでした。生まれてこの方、一つのことに何か打ち込むとか、輝かしい過去がある訳でもなくて、どちらかというとひねくれ者で日向で生きている人たちを影の方からうらやましい目で見ているような、能動的にいろいろなことをする人間じゃなかったのですが、小さい頃から映画を作りたいと思ってきて、やっと6年前から映画を作る現場にいさせてもらっています。ようやく「テルマエ・ロマエ」という企画で初めて、企画からすべて任せてもらってやることができました。その過程の中で「やっぱり自分にはこれしかないのだな」と思い始め、こういう賞をいただきまして、「この仕事を自分はやっていくのだ」という覚悟をした気がしています。

サラリーマンなのでいつ異動になるか分からないですけれども、その辺りは亀山新社長にお願いしたいなと(笑)。生涯、映画のプロデューサーでありたいと思っております。まだ発展途上で未熟者のプロデューサーであると思いますが、この賞は「頑張れ」という激励の意味だと思い、これからより精進しもっともっといいプロデューサーになれるように頑張っていきたいと思います。


河村光庸プロデューサー

河村光庸

藤本賞・特別賞(「かぞくのくに」の製作に対して)

このような輝かしい賞を賜りまして、小さな映画が大きな評価をいただき、大変身に余る光栄と歓喜しております。

2年半前の秋の夜に、ヤン・ヨンヒ監督と食事をしました。初めてその時に会ったのですが、非常に淡々と自らの過去、経験を話し始めました。その話の中に流れている国家と家族への想い、そして「かぞくのくに」のストーリーの斬新さ、力強さに驚嘆しました。すぐに映画化しようと始めたのですが、彼女にとって初めての脚本であり、その過程は大変困難を極め、もう数えきれないぐらい脚本を直しました。そうした中で3月11日を迎え、テーマがテーマですから、お金がまったく集まらないという状況になりました。それでもクランクインが迫っておりまして、脚本もあまりうまく進んでいなかったのですが、キャスト、スタッフの方々に賭けようと決めました。

この映画は、そのキャストとスタッフの方々の魂がこもっています。最初にラッシュを観て、その後、身内で内覧をしたのですが、そのたびに映画が高まって「こんな不思議なことがあるのかな」と思うぐらいの化学変化を起こしました。さらに、多くの方々に評価をいただきまして、大きな賞という夢をいただきました。

このような賞をいただきまして、寺山修司さんの言葉を思い出しました。「ふりむくな ふりむくな うしろには夢がない」。今日、この賞をいただきまして、その夢をもう一度、持つことができました。ありがとうございました。


諏訪道彦プロデューサー

諏訪道彦

藤本賞・特別賞(「名探偵コナン」シリーズの製作に対して)

このようなすごい賞をいただいて、関係者の皆様ありがとうございます。

この賞の話をいただいた時、一番最初に思ったのは第一作目を作った時のことです。当然、一作目を作る時には、二作目が約束されている訳ではありませんから、青山剛昌先生をはじめ皆さん、やり残すことのないようにしようと、いろいろなものをすべて詰め込んだ。そんな時代を思い出します。

原作者、青山剛昌先生には感謝の気持ちしかありません。本当に、天才としか言いようのない人です。ちなみに私事ですが、第一作目のシナリオ会議を初めて、青山先生のお宅でする日に子供が生まれました。病院から駆けつけまして、「先生、今日、生まれました」と言ったら、「お、俺も今日、誕生日だよ」と言われまして、青山先生から34歳後輩の男の子を、私はその日に授かりました。その子は今、高校2年生です。

今年の映画「絶海の探偵(プライベート・アイ)」は、社会の状態を先取りしたように見られますが、2010年の年末から考えてやっておりました。その後に、昨年の秋に尖閣問題が起きまして、「どうしようか?」と思ったこともありましたが、そういうことを考えて作った訳ではなく、イージス艦の船内でコナン君がどう活躍するのかということばかり考えて作っておりました。今までの映画も全部そうです。青山剛昌先生ほか、そうそうたる脚本家の方に書いていただいてきた、その積み重ねが17作目、そして今回の賞に繋がったのだろうと思うと、非常に感慨深いです。

私は、アニメーションに携わって28年です。これはよみうりテレビの中でも珍しく、部署が変わりながらも同じアニメーションの制作に携わらせていただいております。これが珍しいことならば、それをいかにラッキーなことかと思って、アニメ制作にこれからも邁進し続けるべきだろうと、この賞からまた勉強させていただいた気がします。これからも「名探偵コナン」は続くと思います。大人も、そして子供も楽しめるものを作る。それをモットーにして頑張っていきたいと思います。

最後に、今日受賞されました石山さんの先輩で、私と一緒に15年走ってきた吉岡プロデューサーにも感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。どうもありがとうございました。


浅井認プロデューサー

浅井認

藤本賞・特別賞(「名探偵コナン」シリーズの製作に対して)

このような賞をいただきまして、審査員の方々、ありがとうございました。

私は小学館という出版社に勤めておりまして、出版社の人間がこのような映像の大きな賞をいただくというのは、「僕でいいのか?」「場違いじゃないのか?」と思ったのですが、初めてこの賞のお話をいただいた時に思ったのは、本来は青山先生がいただくべき賞なのではないかということでした。

一作目の「時計じかけの摩天楼」という作品を作った時、僕はまだプロデューサーというよりも青山先生の漫画の連載を担当しておりまして、テレビアニメのシリーズが始まり、その一年後に映画が公開になったんですけれども、一作目の映画が公開されて、当時、配給収入が9億円弱だったと思います。「非常に良い成績でした」と東宝の方々に言っていただいて、そのすぐ後に「じゃあ、来年も二作目を」と言っていただいたのですが、青山先生はじめ、僕たちは一作目に持っていたアイデアをすべて入れたつもりだったので、担当編集として先生のところに行って「先生、来年も二作目をやるそうです」と言ったら、「え、来年? もう無理。アイデアない」と(笑)。そうおっしゃってから、もう16年が経ちます。

長い間、僕らと一緒に、僕らの真ん中でシナリオを作っていただき、キャラクターデザインもし、映画の原画も必ず何枚か描いていただき、すべての絵コンテをチェックして、映画を完成させるプロセスのすべてに関わっていただいている青山先生に本当に感謝したいと思います。青山先生なくしては、我々がこの場に立たせていただくこともなかったと思っています。もちろん、他のスタッフの皆さん、東宝宣伝部の皆さんのお力添えなくしては、10何作も作れなかったと思いますし、観客動員が累計で4000万人を突破というこの数字も成し遂げられなかったと思います。


石山桂一プロデューサー

石山桂一

藤本賞・特別賞(「名探偵コナン」シリーズの製作に対して)

本日はこのような賞をいただき、本当にどうもありがとうございます。

私も関わってはいましたが、諏訪プロデューサーからもお話があったように、初期のプロデューサーとして吉岡がおりまして、15年、このような作品を作り上げた中で引き継ぎをさせてもらいました。

やはり「名探偵コナン」という作品は、世間の世情みたいなものを取り入れていって、観ている方たちが飽きないような形でやってきたことが、このような賞をもらったのだと思います。本当に長い作品で、監督も3人関わっておりまして、こだま兼嗣監督、山本泰一郎監督、静野孔文監督に感謝したいと思います。トムス・エンタテインメントという会社でずっとやっております吉岡プロデューサーに感謝して、作品の名に恥じぬようこれからも頑張っていきたいと思います。

「名探偵コナン」という作品はまだまだ続くので、また皆様に元気と勇気を与えられるような作品で今後とも頑張っていきたいと思います。


原田眞人監督

原田眞人

藤本賞・奨励賞(「わが母の記」の製作に対して)

監督として、こういう立派なプロデューサーに捧げる賞をいただけるとは思っていなかったので、最初にお話を聞いた時には耳を疑いました。本当に驚きました。

でも考えてみますと、僕自身が長く関わった企画というのはこれまでにも何本かありました。けれども、これはそのどれとも違う運命的なものがありまして、井上靖さんの原作を読んだのは今から十数年前でした。それから、いろいろな機会に「『わが母の記』を映画化したい」と言い続けて、その最初の成果が2008年、沼津市で井上靖先生の「夏草冬涛」をベースにした脚本塾を開きたいという話がありまして、これを喜んで引き受けました。その時に井上先生のご長女である浦城幾世さんとお会いして、そこから井上家の皆さんとの交流が始まりました。世田谷にある井上先生のお宅にもお邪魔して、映画化する時にはこれをこのまま使わせていただきたいなと思いました。そしてその後、石塚プロデューサーともお会いして、プロデューサー業の一番大変なところは石塚プロデューサーがやってくれました。そうやって沼津市の協力があって井上家とのつながりができ、さらには松竹さんが入ってくる前に沼津のハリプロというフィルムコミッションのような団体があるのですが、彼らと一緒に自主トレ的なシナハン、ロケハンをやりまして、素晴らしいロケーションを確認しました。

こういうことは、今までの企画ではなかったです。ですから、今回はその辺のところを評価して、このような賞をいただけたのだと思っています。

それともう一つは、「わが母の記」を作るにあたって、僕はここ10数年、小津安二郎監督の作品に魅せられておりまして、井上邸に伺った時に最初に伺った時に思ったのは、小津さんのモダンな家屋に似ているということでした。そこで、もう一度、小津作品を順次見直して、今回の作品に美術的なもの、小物的なもので一番、使わせていただきましたのが、藤本作品の「小早川家の秋」なんです。小津さんと初めて組まれた作品です。「わが母の記」の中で使っているひょうたん模様の団扇は、「小早川家の秋」からきています。そういう意味でも、この賞にふさわしいかなと自分では思います。

これからも監督が企画の端緒から関わって、ずっと頑張って最後まで責任を全うするような映画がありましたら、ぜひまた監督も藤本賞授賞の晴れの場に呼んであげてください。


石塚慶生プロデューサー

石塚慶生

藤本賞・奨励賞(「わが母の記」の製作に対して)

審査員の皆様、このような賞に選んでいただきましたことに、とても感謝しております。

松竹に入って10年ということで、節目の時にいただけたということは、何かしらの運命を感じざるを得ないなと思っております。そして、皆さんがお聞きしたいこととして、やはり樹木希林さんのことをお話したいと思います。

この作品で樹木さんの役は別の方を考えておりました。ところが、その方はすでに引退しておりまして、監督とも口説きに行ったのですが、「私は女優はやりません」と仰られました。それで、その後にというと本当に失礼ですが、希林さんのところにお願いしに参りました。最初に本を読んでいただいたのですが、まず断られました。「こんなに日数がかかる仕事は嫌だ。面倒臭い」と仰られまして、すごくがっかりしたのを覚えています(笑)。それからひと月ぐらい時間、どうしようかと悩みました(笑)。ところが、ひと月後に希林さんから直接、僕のところに電話をかけてきて「あんた、あの役どうなった?」と。そこで、決まっていない旨をお伝えすると、「ふうん」と仰って、「じゃあ、断るんだけど、一回監督に会いたい」と。そして、「ご飯でも食べない? いや、断るんだからね」と(会場笑)。千載一遇のチャンスというか、一生に一度あるか否かのチャンスだというか、まさにこの日が合戦の日だということで、とある場所で3人でご飯を食べた訳です。監督と希林さんが雑談も含めて、いろいろなことを喋っていました。その間、僕は一言も喋っていません。2人がコミュニケーションを取られて、僕はもう目から鱗が落ちて、一時間後に「じゃあ、よろしくね、石塚君」と希林さんに言われた時に、こんな奇跡があるのかと思いました。でも、これは樹木希林という人間と原田眞人という人間が出会って、一つのものを作ろうというクリエイティブな心が合体した瞬間なのだと思いました。その瞬間に立会い、私はやらなければならないと本当に思いました。

ただ、その時点ではとにかくこの作品もお金が集まらなかったのです。ベストセラーの小説でもない、大ヒットコミックでもない、テレビで視聴率をとっているドラマの映画化でもない。もちろんそうじゃない素晴らしい作品はありますが、なかなか今の世の中でこの作品を作ることに、「その意義は何なんだ?」と、うちの社長にも上司にも「なぜ今この作品を作りたいんだ?」と言われました。出資者の方々にも同じことを言われましたが、結局、その答えは見つかっていません。ただ、あの時、原田監督、樹木希林、そして、その前に決まっていた役所広司さん、そしてその方々のやる気をくみ取っていただいた出資者の方々、宣伝部、営業部、すべてのスタッフに感謝したいと思います。僕はその中でアシストしていく立場でしかありませんし、本当に出来の悪いプロデューサーで…(会場笑)。

それを恩返しするためにこれから頑張っていきたいと思います。この賞を本当に心の奥深くに入れて、良い作品を作ることで皆さんに恩返ししていきたいと思います。


佐藤貴博プロデューサー

佐藤貴博

藤本賞・奨励賞(「桐島、部活やめるってよ」の製作に対して)

本日は大変な賞をいただきまして、審査員の方々、ありがとうございます。

この「桐島、部活やめるってよ」ですが、「なんで日本テレビがやってるんだ?」と言われた作品でもあります。ただ、本当に素晴らしい原作で、当時25、26歳とまだ若い、制作会社にいるプロデューサーが出会い、「これを映画化したい」と教えられました。読んでみると本当に素晴らしい愛すべき作品で、僕も青春映画が大好きだったので「これは新しい青春映画になるのではないか」と思いました。いろいろな苦労がありました。実は現場のスタッフにも、吉田監督にも言っていないですが、くじけそうになったこともあります。しかし、菅沼部長が支えてくれて、現場でも奥田部長から「これはすごい作品だ」と言ってもらい、吉田大八監督以下、素晴らしいスタッフにも恵まれて、宣伝・配給チームも含めて、家族というか仲間というか、本当に素晴らしいチームワークとなりました。

いろいろな賞をいただいていますので、その度に朝まで飲んで、本当に幸せな時間を過ごしています(笑)。役者たちも、僕がオーディションで選びましたが、若い才能たちが集まりました。今もいろいろなところで活躍し、写真誌も騒がせ、話題が途切れない素晴らしい作品になったと思っています(会場笑)。

この「桐島」はやはり、いろいろなスタッフ、若い俳優たちが集まったのは事実ですが、それを本当に見事にまとめあげたのは吉田大八監督の才能と、人間的な魅力です。

今回は奨励賞ということで、頑張れということだと思っています。僕が最初に大きくヒットさせた「デスノート」を作った時に、氏家会長から社内表彰としてMVPをいただきました。その時にも、日本テレビとしては最大のヒットでしたが、「もっと頑張れ、もっと面白いものを作れ」と言われました。今後もさらに映画作りに精進していきたいと思います。

最後に、僕がプロデューサーとなれたのも、最初に映画事業部に来た時に、師匠と呼んでいる佐藤敦プロデューサーに師事し、彼に良い点も悪い点も学んだから今こうして立てているのだと思います。 佐藤敦に感謝しつつ、常に支えてくれている妻に感謝したいと思います。


■ 最後に、襟川クロさんの発声で乾杯が執り行われ、祝賀ムードの中、授賞パーティーが行われました。